JESCOホールディングス株式会社
代表取締役会長 兼 CEO
柗本俊洋

JESCOホールディングス株式会社
代表取締役社長
執行役員社長
唐澤光子

 

日頃より当社グループへのご理解とご支援を賜り、心より御礼申し上げます。

 

当社は2001年のベトナム進出以来、ベトナム人社員への日本語教育と技術教育により、設計・積算業務を強化するとともに電気設備等の施工管理も拡大してまいりました。

 

近年の民間建設需要の高まりから、高層コンドミニアムの電気・空調・衛生設備工事等が急増し、アセアンEPC事業の売上高は、前期比30%以上の高い伸びを達成いたしました。今後も高い成長が期待されます。


ベトナムを中心としたアセアンEPC事業は、今後の当社の成長を牽引する事業であります。このような取り組みにより、2018年4月11日、国土交通大臣表彰「第1回JAPANコンストラクション国際賞」、また同年4月18日、ベトナム国建設省副大臣表彰「2018年度高品質工事賞」を受賞いたしました。


当社グループは、こうした国内外での受賞を糧に、「技術を通して、安心して暮らせる豊かな社会づくりに貢献する」という経営理念のもとに、経営目標の実現に向けて尽力してまいります。

 

引続きご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

*EPC(設計・調達・建設)

 

タンソンニャット国際空港<br/>ホーチミン市<br/>(ベトナム社会主義共和国)
拡大
タンソンニャット国際空港
ホーチミン市
(ベトナム社会主義共和国)

ベトナムでは日本語と英語のできる技術者を養成して、コンサル業務を始め、電気設備・空調衛生設備・通信設備、電気計装、配管設備、2D・3Dの設計および積算、資材調達業務などあらゆるお客様のニーズに応えられる体制を築いております。近年では、ハノイのノイバイ国際空港の電気設備工事やハイウェイのITS設備システム工事なども手掛けております。2014年にはベトナム最大手の建設会社、ホアビン社の設備工事会社をM&Aし、設備工事分野にも進出いたしました。2015年にはシンガポールにも駐在員事務所を開設し、お客様のご要望に幅広く対応して参ります。

ノイバイ国際空港<br/>ハノイ市<br/>(ベトナム社会主義共和国)
拡大
ノイバイ国際空港
ハノイ市
(ベトナム社会主義共和国)

今後とも、JESCOホールディングスを中心にグループ各社に対して、一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。