トップメッセージ

JESCOグループはいつも先を考えています

64_ext_04_0.jpg

JESCOホールディングス株式会社
代表取締役会長 兼 CEO
柗本俊洋

JESCOグループは1970年の創業以来、「安心して暮らせる豊かな社会創り」を基本理念とし、様々な技術を提供して参りました。

創業当初から原子力発電所の電気計装工事の技術を核とし、電気設備、情報通信設備、大型映像設備等の設計、施工、更に、プロデュースから運用、保守メンテナンスまでワンストップでお客様にサービスを提供できる企業グループとなりました。

1994年にマレーシア、2001年にベトナムに進出しました。発展しているASEAN地域でさらなる事業拡大をめざします。

64_ext_04_1.jpg

タンソンニャット国際空港
ホーチミン市
(ベトナム社会主義共和国)

ベトナムでは日本語と英語のできる技術者を養成して、コンサル業務を始め、電気設備・空調衛生設備・通信設備、電気計装、配管設備、2D・3Dの設計および積算、資材調達輸出入業務などあらゆるお客様のニーズに応えられる体制を築いております。近年では、ハノイのノイバイ国際空港の電気設備工事やハイウェイのITS設備システム工事なども手掛けております。2014年にはベトナム最大手の建設会社、ホアビン社の設備工事会社をM&Aし、設備工事分野にも進出いたしました。2015年にはシンガポールにも拠点を開設し、お客様のご要望に幅広く対応して参ります。

64_ext_04_2.jpg

ノイバイ国際空港
ハノイ市
(ベトナム社会主義共和国)

また、新規事業領域として首都高速を中心に大型のデジタルサイネージを展開し、今後ニーズが高まるサイネージソリューション事業にも進出しております。

今後とも、JESCOホールディングスを中心にグループ各社に対して、一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
                       JESCOホールディングス株式会社
                            代表取締役会長 兼 CEO
                             柗本俊洋